診察のための音声認識kanaVoの開発背景
カルテ入力の軽減は課題!音声によりカルテ入力を軽減

医療従事者の働き方改革を実現するためには、カルテ入力の軽減が重要と考えられます。

カルテ入力に関する調査データ

医師の業務の負担感に関する調査においても上位3つをカルテの入出力に関するものが占めています。

医師の負担感調査
カルテ入力軽減に向けた取組と課題

このような課題を解決するために様々なサービスが提供されていますが、医療秘書のように診察を記録できるサービスは不十分です。

カルテ入力の軽減は音声入力と要約がポイント
診察時の音声認識への期待と課題

医療秘書の代替機能として音声認識が注目されています。ただし、「マスク越しの早口な会話を認識しにくい」「認識結果の膨大なテキストデータを要約するのは大変」という課題も指摘されています。

診察時の音声認識の課題
診察時の医師と患者の会話に特化した音声認識サービス誕生

期待が高まった音声認識の課題を解決するために、診察のための音声認識kanaVoを開発致しました。

音声により医師のカルテ入力負担の軽減
診察のための音声認識kanaVoの資料をダウンロード