スマート医療秘書=kanata!=の提供を開始します!

9/10、スマート医療秘書=kanata!=をリリース致します。


Voice-Karteの営業を進めていた時、構文解析と音声認識の機能を現在利用している電子カルテと接続して活用したいというご要望を多く頂きました。


頂いた多くのお声にお応えし医療に従事する方々の業務効率化を目指し、既存のテクノロジーである構文解析と音声認識にRPAを組合わせた、スマート医療秘書=kanata!=が遂にリリースに至りました。


リリースを記念して、リリースキャンペーンを実施中です。



最新記事

すべて表示

読唇術で音声入力ができるらしい!

米カリフォルニア大学マーセド校の研究チームが開発した「LipType」は、音のない口パク映像を音声に変換する、深層学習を用いた読唇システムだ。 ただ、医療従事者はマスクをしているから無理なんだろうなぁ() https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2109/01/news061.html

音声認識の研究!?

音声認識に影響するのが、周囲の雑音やマスク越しの声です。こんなタフな環境でも認識出来る方法について、検討しています。 なんとかなりそうな予感がしています(^^)

スマート医療秘書kanata!DemoMovieを追加しました!

電子カルテへの接続のDemoMovieを追加しました! 【音声認識】Google API VoiceIn 【カルテ転記先】電子カルテ(kanataのカルテ) ・会話をSOAP化 ・SOAP化された情報を電子カルテのSOAP欄に転記 ・バイタルデータを登録(オプションサービス) 転記やバイタルデータの登録は、RPAを活用して実施しております。 RPAの費用まで含まれたサービスがスマート医療秘書kan