介護老人保健施設様への訪問

2019年2月22日に、首都圏の介護老人保健施設様から御問い合わせ頂き、うかがって来ました。

そこは、医療と介護がシームレスに連携して、患者さんの快適な日常を見守ろうという場でした。

患者さんも、楽しそうでそれぞれの人生を楽しんでいらっしゃいました。

私の介護老人保健施設へのイメージは、根底から覆されてしまい、ある意味ショッキングであり衝撃を受けました。

ただ、このような取り組みを下支えするようなシステムが無く、施設の方々は記録やその閲覧に忙殺されていらっしゃた事から御問い合せに繋がり、お忙しい合間に色々とディスカッションの場を頂いた事を考えると、現状の打開が急務である事がとても認識できました。

医療と介護の垣根を越えて、彼らのためのシステムをつくることも弊社の目標の一つに定めてみることを決意しました。


最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^