働き方改革を考えるきっかけ!!!

2019年2月13日に昨日訪問した鹿児島のドクターとお別れした後、新八代で新幹線からレンタカーに乗り換えて、熊本の病院様にうかがいました。

音声認識は、病棟の看護師さんの働き方改革にも有効とのお話を頂きました。確かに、世の中の看護師さんは、温度版からPCへの転記等のために、残業が当たり前になってしまっています。 以前に製作した病棟用の電子カルテにも音声解析を追加することも考えてみよう!

あと、院内のミーティングの議事録おこしから看護師さんを解放したいとのお話も頂きました。確かに、業種にかぎらず、議事録起こしは大変。構文解析を活用した議事録起こしシステムも、働き方改革に有効かも!


最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^