在宅診療のドクターの働き方改革に!

Voice-Karteをご利用頂いているクリニックを経営され在宅診療に軸足が置かれているドクターから『帰宅時間が早くなったよ!』との嬉しいお言葉を頂きました。

午前中は9時頃から、4名から最大で8名の患者様宅を訪問し、午後は14:30頃から4名から最大で6名程の患者様宅を訪問し診療をする事があるドクターの一日の働き方に変化が!!!

今までは午前中の診療から帰院し、昼食ととり打合せなどを行いつつカルテの登録をしていたものの終わらず午後の診察に出かけ、午後の診察が終了した後に夕食をとりながらカルテの登録や翌日の処方箋の作成など事務作業や書類作成を行い、終電になってもカルテの登録が終わらず、休診日に対応をしていた様です。

しかも、帰院後のカルテ登録は診察の時のメモを見ながら記憶をたどりながら登録をするので、一人あたり10分~15分くらいかけて登録されていたという事でした。

これが、Voice-Karteを利用して頂いてからは、カルテ登録時間が一人あたり3~5分くらいになり、午前中の診察のカルテは昼休憩に終わり、午後の診察のカルテ登録から翌日の処方箋の用意などの事務処理を行っても、20:30頃にはクリニックを出れる様になってきたという事でした。


しかも、診察中に会話した事が記録されるので、一人一人のカルテの記載密度もあがって安心だよというお言葉も!


うれしさいっぱいの在宅診療のドクターからのお言葉、ありがたく頂戴しました^^


最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^