第3の給与!?ピアボーナスって何だ???

ちょっとキャッチーなタイトルの記事を目にして、ついつい呼んでみたら、 とても興味深い内容でした。


-中小企業が続々導入!Uniposが起こす『第3の給与』革命-


第3の給与革命って気になりますよね。

働き方改革が叫ばれ、副業も認められる企業も増えてきている中、 第3の給与って??? それが私が気になったポイントでした。


この記事を読んでみると、第3の給与とは、感謝の意(メッセージ)と共に従業員同士が贈り合う少額のボーナス(ピアボーナス)のことで、これをプラットフォームとして提供しているサービスがあるという事だったんです。 そして、海外ではこのようなサービスが、どんどん導入されているそうなんです。

確かに、些細な事でも「◯◯◯をしてくれて、助かった。ありがとう!」って言ってもらえると、嬉しくてモチベーションがあがったりしますよね! そして、「◯◯◯をしたら、役に立つんだ」という発見にもつながりますよね!! でも、忙しさにかまけて「ありがとう!」って言えないことも、よくありますよね...


こういうサービスが弊社にあったらと思うとともに、事業会社内だけでなく、医療や介護の現場にこそ必要なのではと思ったのです。

例えば、 スタッフ同士で、気づかないだろうなぁってポイントを教えてくれたり、 忙しくてテンパってしまった時に、フォローしてくれたりということも結構あるようです。 また、患者さんや利用者さんも、看護師さんや介護士さんに感謝の気持ちを伝えたくても、タイミングが合わず直接言えなかったり気恥ずかしかったりということもありますよね。


また、「お礼は受け取りません」と書いてある病院も多く、感謝を形に表現できないというジレンマを感じている患者さんもいらっしゃるようです。

でも、忙しく疲弊してしまいがちな毎日を送っている中で『感謝』のメッセージを受け取ったら、「頑張ろう!」って思えるようにも思うのではないでしょうか?

この様な感謝の意を伝えられる仕組みを、業務ツール(=電子カルテ)の中に組み込んで、ユーザーとなる医療従事者の方々で使ってもらいやすくなるんじゃないかと、先々の課題として考えてみよう!って思った訳です。

このような心も大切にするシステムを目指して、がんばります!!!



最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^