聴こえやすい音を届ける会社さんとの面談

先日、ご縁があって『聴こえやすい音を届ける製品』を開発販売をされている会社さんと面談をさせて頂きました。

先方さんの製品を体験させて頂いたり、実際のご利用シーンを動画でご紹介頂いたりと、とても有意義な時間となりました。

中でもショックを受けたのが、在宅診療を受けている方がドクターとお話ししている動画でした。

このご老人は、認知症という診断をされていたのですが、この製品を通じてドクターが話しかけると、ちゃんとお返事をされているのです。つまり、認知症ではなく難聴だったということで、診断も変わったそうです。

そして、このような実績を通じて着実にファンドを増やされており、8000台もの製品を出荷されているとのことでした。

私どもも、あまりの性能に惚れ込んでしまい、折角の機会なので我々が感じている課題も相談させて頂き、ダメもとで要望をリクエストさせて頂きました。

でも、今回のお打合わは、単純な商談にとどまらず、私どもにとっては非常に有意義な時間でした。

弊社は、起業したばかりですが、同じような理念を持っていらっしゃる先輩(コミュニケーションを支えるという意味では、同じ理念をお持ちなのではと勝手に考えてしまいました。)が奮闘されている姿には、おおいに勇気づけられました!

そして、この様なご縁を作って頂いた方をはじめ色々な方に支えられいる事を実感し、感謝の気持ちでいっぱいになりました_(._.)_

皆さま、本当に有難うございます!




最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^