音声認識やロボットが医療現場の課題を解決、HOSPEX 2019

2019年11月20日~22日、第44回目となる医療福祉分野の総合展示会「HOSPEX Japan」が開催されASCIIさんのスタートアップコーナーで弊社も『Voice-Karte』の展示をしていました。

ASCIIさんからスタートアップコーナーの出展各社の取材をしておられ、もれなく当社も取材をして頂きました。

その記事が、ASCIIさんのサイトで掲載されていたので、今回はそのご紹介です。


記事を抜粋します!


【診察中の会話から病名・処方の候補を提示する音声認識電子カルテ】

kanataは、音声認識と構文解析を利用した電子カルテ「Voice-Karte」を展示した。今までの電子カルテは、診療が終わった後に医師がキーボードで入力していたので時間がかかり、医師は入力の手間や時間、患者にとっては待ち時間が増えるなどの負担が生じていた。

 「Voice-Karte」を使用することで、患者との対話の中で病名や処方などを判別し、候補となるオーダーの中から適切なものを選ぶことで、カルテ入力の工数を省力化できるという。

 入力支援のためのマイクなども用意し、診察しながら容易な入力ができるソリューションも開発中だという。


https://ascii.jp/elem/000/001/990/1990775/


在宅医療でご評価を頂いているVoice-Karteは、様々な機能を強化し今後も医療従事者の皆様のITアシスタントとしてご利用いただける様に精進していきます。




最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^