おかげさまで3周年!

『医師が患者の目を見て診察できる様にしたい!』という想いをいだき、kanata株式会社を創業して早くも3年が経ちました!


我々にとっての唯一といっていいテクノロジーの医療における構文解析技術を活かして、創業時の想いを実現するためにサービス展開をしてきました。

今年は東洋経済の『すごいベンチャー100』への選出や、日経産業新聞にも掲載されたグーグルグラスとの連携など、紆余曲折がありながらも会社としてもサービスとしてもご評価を頂けた事と考えております。


そして、次のフェーズに進むために、kanata株式会社として初の資金調達にもチャレンジする事に致しました。



創業直後にリリースしたVoice-Karteに対して一定の評価を頂く一方、構文解析を活かした電子カルテへの入力補助ツールに特化すべきとのご意見を頂戴しました。そこで、スマート医療秘書kanata!のリリースを行ったのが、2期目の2020年9月の事でした。


その後は、構文解析技術をより活かすために、音声認識エンジンの開発を進めました。

それが、診察のタフな環境でも安定した音声認識ツール[kanaVo]であり、現在はリリースを間近となっています。


創業時から様々な出会いに恵まれ、我々の想いに共感をくださった医療従事者の皆様や、パートナー様やアドバイスや叱咤激励をくださった多くの方々に感謝申しあげます。


そして、我々は創業時の想いを実現するべく、より一層精進してまいります。


今日から4期目の開始です。

4期目ではまた新たな出会いと共に試練もでてこようかと思います。

これらを含めて、楽しく前を向いて進んでまいりたいと思います。


皆様、どうぞ4期目もご指導の程、よろしくお願い申しあげます。