株式会社アドバンスト・メディアの「AmiVoice IC-Support」とスマート医療秘書=kanata!=が連携!

弊社は、株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸)が2021年1月28日にサービスリリースした、医療業界では初めて(株式会社アドバンスト・メディア調べ)となる、多様な医療記録をAI音声認識技術で支援するサービス「AmiVoice IC-Support」とスマート医療秘書=kanata!=を連携し、サービス提供を開始しますのでご案内いたします。 ​ これにより、スマート医療秘=kanata!=において、ドクターと患者の会話を分離して録音・文字化・記録し、構文解析によりSOAP形式に整理した情報をご利用中の電子カルテに転記が可能となります。


【AmiVoice IC-Supportとは?】 多様な診療スタイル(対面診療・対面服薬指導・オンライン診療・電話診療/相談)における、医療従事者と患者の会話をリアルタイムで文字化します。 AI音声認識技術を活用した入力プロセスの自動化により、作業効率を高め、業務にかかる時間を大幅に削減、記録業務の効率化を実現します。また、記録ミス/記録漏れなどの人為的ミスの削減にも効果的です。


<特長>①医師と患者の声を分離録音/音声認識結果を蓄積 医療従事者、患者の音声を分離して録音し、会話を自動で文字化します。 音声と認識結果は紐付いて蓄積され、会話は文字で簡単に検索する事ができます。


②ネットワーク不要のスタンドアローン音声認識 ネットワークを使用しないスタンドアローン方式のため、個人情報などを扱う気密性の高い会話でもセキュリティを担保しながら安心してご利用いただけます。


③医療用語も高精度で文字化 医療用語や診察中の会話に特化して音声認識エンジンを使用しているため、専門用語も高精度で文字化する事が可能です。



【Amivoice IC-Supportとスマート医療秘書=kanata!=連携イメージ】

最新記事

すべて表示

紙カルテ用にラベルプリターを検討

医療秘書の解析結果を紙カルテに転記する方法についてのお問合せが増えいます。 ラベルプリンターによるものを紙カルテに貼るという方法もアリのようで、メーカに問い合わせています。 感熱式ではカルテの保存期間の間に劣化すると思っていたのですが、意外と持つみたい。 問合せてみることも大切ですね。

kanata!、紙カルテ運用の質問を頂きました!

スマート医療秘書から紙カルテへの転記について、ご質問を頂きました。 「診察ごとにプリントするのでは、用紙がかさんでしまうのでは?」とのこと。確かに。 いつも皆様から教えて頂いています。 ラベルプリンターに出力してカルテに貼る方法を検討中です!! 早く実用化しないと!

無線イヤフォン&マイク内蔵マスク「MASKFONE」

「マスクを着けると、音声認識の精度が...」とおっしゃた方が教えてくれたのが、無線イヤフォン&マイク内蔵マスク「MASKFONE」 似た着眼点の他製品の噂も。マスクをつけると音声認識の精度が良くなる。そんな時代もすぐそこかも?! https://fabcross.jp/news/2021/20210117_maskfone.html