CNET Japanさんに掲載していただきました!

2019年1月23日に『Voice-Karte』のプレスリリース後、なんとなんとCNET Japanさんに記事を掲載していただけました!

以下は掲載記事の転用です

同社が開発した構文解析は、自然言語からソフトウェアが必要とする情報を抽出したうえで、自動変換する技術。


 同社によると、電子カルテが登場してから20年近くたつが、診療所における電子カルテの普及率は4割未満にとどまっているという。


 一方で、電子カルテに移行していない診療所の医師達からは、「電子カルテを導入すると、記載や検索に時間と手間を要するので、患者と向き合えなくなる」という声があった。そこで同社では、このような声に応え「紙カルテの進化形」としての電子カルテの開発に取り組んでいた。


 Voice-Karteは、診察時の医師と患者の会話を録音した音声ファイルから、自社開発の構文解析を通すことにより、オーダーを自動発行できるのが特徴。これにより、主訴、所見などの記載、オーダーの発行を数クリックで行えるようになり、患者と向き合う時間が増やせるという。


 同社では今後も、クラウドの特性を生かして順次機能を拡張する。その第1弾として、医師が重要と考えたカルテに、1クリックで「ふせん」のようなしるしを付加できるバーチャルな「ふせん」による検索機能を2月にも追加予定としている。

最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^