新型コロナウイルス感染症「オミクロン株」による医療ひっ迫防止を目指し、診察音声認識kanaVoのまん防適用地域の医療機関へ無償提供を開始!


わが国では、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が急拡大しています。



政府は、1月11日に在宅医療の強化やワクチン追加接種の前倒しを柱とする新たな対応方針を打ち出しました。その中で、重症及び中等症の患者、リスクの高い方に医療資源を集中するために、軽症者を在宅で治療できる体制を確保することが強調されています。  今後は、訪問診療・オンライン診療に取り組む医療機関の負担急増や医師不足が予想されています。患者から患者に飛び回り訪問診療を行う医師は、メモを取る時間も無い事態になりかねません。また、医師を短期間に増やすことも物理的に不可能な状況です。  そこで当社は、この問題をITで解決するための診察音声認識kanaVoを期間・地域限定で医療機関へ無償提供いたします。特に、オミクロン株と闘う訪問診療、オンライン診療を担う医師の業務効率向上を目指します。


【無償提供の背景】

通常5時間の無償トライアルが、下記対象の場合2ヶ月間無償となります。

❏無償提供実施時期:2022年1月19日~2022年3月31日 ❏無償提供実施地域:緊急事態宣言 または まん延防止措置適用地域の医療機関

※コストの課題もあるので、まずは無償提供対象を100アカウントとさせて頂きます。


【弊社代表のコメント】

今回はアカウント数も期限も限られたものですが、kanaVoが医療ひっ迫緩和に少しでもお役に立てればと思っております。

なお、今回は医療関係者のご利用のみとさせて頂きます。

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 また、ご利用後のご意見、ご感想を頂ければ幸いです。

最新記事

すべて表示

❏採択された事による今後の事業展開 本プログラムを通じて、 AI開発をさらに促進するとともに開発基盤の強化を図り、 主力サービスである診察のための音声認識kanaVoのセキュリティ面を含めたインフラと開発基盤の強化を行って参ります。 これにより、 医療機関によりよいサービスを提供するとともに、 一般の方々が安心・安全に暮らせる環境の実現も取り組んで参ります。 Google for Startups