日経産業新聞に掲載されました

米Googleのウェアラブル端末「グーグルグラス」とkanata!が連携しました。

これにより、診察中に医師が動き回りながらでもkanata!を利用出来るようになります。さらに、電子カルテと連携すれば、カルテ情報をグーグルグラス上で確認できるようになります。

そして、マスク越しの早口でも90%以上の精度を見込める音声認識kanaVoも11月末リリース予定です。

本日、11月10日付け『日経産業新聞』8面に掲載されております。お目通しいただけると幸いです。





最新記事

すべて表示

❏採択された事による今後の事業展開 本プログラムを通じて、 AI開発をさらに促進するとともに開発基盤の強化を図り、 主力サービスである診察のための音声認識kanaVoのセキュリティ面を含めたインフラと開発基盤の強化を行って参ります。 これにより、 医療機関によりよいサービスを提供するとともに、 一般の方々が安心・安全に暮らせる環境の実現も取り組んで参ります。 Google for Startups