対面録音マイク「ピアボイス™(Pier Voice)

精度の高い音声認識を実現するために、 ピアボイスをVoice-Karteの推奨マイクに!

ところで、ピアボイスって何?


Vocie-Karteを活用して頂く際にマイクは重要な要素と考えており、 対面型の音声記録に適したマイク を探していました。

そうしたら、出会いました!株式会社 長塚電話工業所さんが開発された『ピアボイス』に!!!

デモ機をお借りして検証してみたのですが、ビックリ!


ピアボイスの特徴は・・・

・特定方向の音声を録音

・対応場所周辺のノイズをキャンセル


しかも、手のひらサイズで薄型!

診察の場面でも邪魔にならず患者様も意識をしない外観。

患者様も威圧感を与えないフォルムなんです。



対面ビジネスの課題解決の為に開発を進められたもので、金融機関などで導入が進んでいるという事ですが、対面という事では患者様とドクターの対面でも勿論有効に活用して頂けると確信し、Voice-Karteの推奨マイクとさせて頂きました。


音声を拾う角度も変えられ、外来時も往診時も患者様の位置で柔軟に対応ができる事もポイント!

最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^