RPAを検討してみよう!

10月にメディカルジャパン、11月にHOSPEX JAPANへの出展を行い、弊社ブースにお立ち寄り頂いた皆様から色々なご指導やご意見を頂けました。

その中でも、多く寄せられたご意見として、クリニックや病院で既存で利用されている電子カルテに、音声認識と構文解析(オーダーやデータの生成)機能を付け加える事ができないのか?という声でした。

多くのご意見を頂くと、やはり入力や転記の手間の軽減と患者様と向き合った医療を望まれえているドクターが多いという事を改めて実感しました。


一方、実際にどの様に他社様の電子カルテにアドオンできるのかという点を考えていくと、

①電子カルテ事業者各社様との連携

②RPA( Robotic Process Automation )を活用

が考えられ、RPAの事について検討及び検証をしていこうと考えている次第です。


アドオン提供が早くできる様にする事も非常に求められている事である事を認識し、人々が思考に専念できる環境を整えていける様に努力していこうと考えてます。



最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^