Voice-Karteが在宅医療でもご利用可能に!情報共有機能を追加開発!!!

弊社は、自社が提供するクリニック向け音声解析機能搭載クラウド電子カルテVoice-Karteに、在宅医療でもご利用頂けるように予定確認、経路探索、情報共有に関わる機能を追加しました。


◇Voice-Karte情報共有機能について 情報共有機能は、在宅医療のドクターから必要と指摘されて開発された機能です。 音声認識しオーダー発行できることは在宅医療での有効とご認識頂く一方で、診察予定や患者宅への行き方をスマートフォン等で容易に確認・調整できること、患者様に関わるディスカッションや情報交換ができることが必要であるとご指摘いただき、今回のリリースにいたりました。




最新記事

すべて表示

IT導入補助金の支援事業者として採択されました

弊社は、経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として採択を受け、kanataのカルテが対象のITツールとして認定されました。 これにより、kanataのカルテを導入する際に、最大で450万円の補助金を申請する事ができる事となりました。

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターからのご相談

電子カルテに踏み出そうとしていらっしゃるドクターから、「内視鏡検査の画像等を電子カルテに貼りたいんだけど、何回もクリックしないといけないのが面倒💦」とのご相談を頂きました。 チリも積もればで確かに面倒。kanta!にも導入しているRPAが果たす役割は大きいと実感!

介護関係の方からのご相談を頂きました

介護関係の方から御相談を頂きました。 様々な介助をしながらその記録も求められるヘルパー様にも、音声認識が必要とのこと。 ただ、音声認識に予算を回すのも難しいと… VoiceInやEdivoiceの無料版から始めてもいいかもですね。誤変換の補正はkanata!にお任せ下さい(^-^