VoiceKarte.png
 

医療秘書機能付きクラウド電子カルテ

​Voice-Karteは、「音声認識機能」と「医療秘書の知識に基づいた構文解析機能」を搭載したクラウド電子カルテです。

Voice-Karteの特徴

医療秘書機能付きクラウド電子カルテ【Voice-Karte】は、医療秘書の知識に基づく構文解析が統制されています。これを音声認識と組み合わせることにより、患者様との診察中の会話から処方、検査、処置等のオーダーの下書きまでできる様になっています。

Voice-Karte特徴.png
 

Voice-Karteの活用効果

活用効果.png
入力や転記作業からの開放.jpg
きめ細かな患者様情報の蓄積.jpg

価格体系

料金体系.png

※データ移行について

現在ご利用されている電子カルテやレセコンからデータ移行をご希望の際は別途御見積させて頂きます。

※設定について

Voice-Karteはクラウドサービスの為、原則訪問して設定を行う事はございません。

​ただし、レセコンなど訪問して設定が必要となった際には、別途旅費などを頂戴します。

※Supportについて

お電話と遠隔操作によるものとなっており、この費用も利用料金に含まれております。

※レセコンについて

標準レセコンはORCAとなります。

現在ORCAを利用中の場合、連携を行う事が可能です。設定ドキュメントに沿って設定を行って頂きます。

​なお、新たにORCAを導入される際には、ご要望に応じて最適なベンダーをご紹介させて頂きます。

サービス基盤

Voice-Karteは、厚生労働省・経済産業省・総務省の3省の医療情報システムのガイドラインに準拠したAmazon Web Serviceで、バックアップ体制を構築したサーバ上で運用を行っております。

​コロナ禍の時代では、往診等の診療所以外で電子カルテを利用する必要性が高まっている環境であり、機動性の高いサービスを低価格で安全安心に提供を行えるクラウドサービスがVoice-Karteです。