kanataの想い

弊社にて長年研究開発を進めてきた構文解析は、テキストから有意な情報を解釈したうえで、それから他言語(プログラミング言語や他言語等)に合致したものを生成する技術です。

 

この構文解析を活用する事で、「会話の記録や転記は構文解析に任せて、人々は考えることに専念できる」との想いを抱くようになりました。

​『構文解析を通じて、人々が思考に専念できる環境作りの実現』これがkanataの事業への想いです。

新着情報

News Release

2020-09-30

2020-09-10

2020-07-28

2020-05-05

kanataのサービス

 
医療秘書機能付き電子カルテ.jpg

​医療秘書機能付きクラウド電子カルテ

Voice-Karteは、医療秘書の知識に基づく構文解析が搭載されております。これを音声認識と組み合わせる事で、患者様との診察中の会話から処方、検査、処置等のオーダーの下書きまでできる様になっています。

この結果、医師は自動作成されたカルテやオーダー案を確認・修正・承認するだけでよくなるのです。Voice-Karteは、「ドクターの働き方改革」と「医療の質の向上」にも役立つツールです。

スマート医療秘書

医療に従事される方々の業務効率化を目指して、Voice-Karteで培われてきた構文解析1を音声認識、RPA2と組み合わせたスマート医療秘書 =kanata!=を提供致します。

現在ご利用されている電子カルテやレセコンなどのツールを切り替える事なく、そして院内の運用フローなどは基本的に変更する事なくご利用いただけます。

kanata!_Main_R.jpg
entry-system_サムネイル.jpg

病院内医療ポータルシステム

患者様の情報が様々なSystemに埋没してしまいがちというお悩みを抱える病院様へのソリューション。互換性のないSystemでも患者様の情報を『ちら見』して概況をすぐに把握ができるソリューションです。

Copyright(C) kanata Inc. All rights reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter