『月刊新医療』に寄稿!診察中会話の電子カルテ自動転記はな現場に何をもたらすのか?

音声認識・構文解析・RPAによる「スマート医療秘書kanata!」の概要と有用性

~患者に集中できる診察環境の実現を目指して~

と題して、弊社代表の滝内が寄稿し、月刊新医療2月号に掲載されたましたので、ご案内致します。



<月刊新医療とは?>

CT,MRIなど画像診断機器や、電子カルテ、PACSなど医療情報システムの最新事情をキャッチする月刊誌です。

最新記事

すべて表示

音声認識のプロトタイプ!いい感じ^^

以前に音声認識の検討をしている旨をコメントしていましたが、続報です。 ↓↓↓ 早口やマスク越しでも認識できる音声認識ツールのプロトが完成しました。テストの結果では、予想以上にいい感じです!! あと10日くらいでリリース出来そうです。試用版も用意する予定なので、皆さまにも気軽に試して頂ければ(^^)/ 以前のコメント ↓↓↓ 音声認識に影響するのが、周囲の雑音やマスク越しの声です。こんなタフな環境で

読唇術で音声入力ができるらしい!

米カリフォルニア大学マーセド校の研究チームが開発した「LipType」は、音のない口パク映像を音声に変換する、深層学習を用いた読唇システムだ。 ただ、医療従事者はマスクをしているから無理なんだろうなぁ() https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2109/01/news061.html

Dijibataピッチに参戦!

9月15日(水)に、『Dijibataピッチ〈ウェルネス特集〉』というイベントでピッチさせて頂きます。よろしければ御覧下さい(^^) https://app.tailorworks.com/community/kiracon/event/80