kanaVoオンライン診療モデルをリリース

急増するオンライン診療の問題点を音声解析で解決

新型コロナウイルス感染症が医療界に与えた変革の一つが、オンライン診療の活用です。2020年4月10日、厚労省から『電話や情報通信機器を用いた診療等の次元的・特例的な取り扱い』が発出され、非対面診療の大幅な規制緩和がはかられました。

さらに、これまでは214点(2,140円)に留まっていたオンライン診療による初診料が本年4G初からは251点(2,510円)まで引き上げられました。再診料にいたっては、オンライン診療が対面診療と同じ73点(730円)となっています。新型コロナウィルスの蔓延時に医療機関の負担が重くなった経験から、オンライン診療の重要性が評価されていると言えるでしょう。

ただし、2020年4月~6月に急増したオンライン診療の導入施設も、その後は微増(鈍化)に転じています。この要因として、PCやスマホを経由するオンライン診療では患者の状態の変化に気づきにくいという課題が指摘されています。例えば照明の当たり方等の影響により、顔色が実際とかけ離れてしまい診断に影響を与えることがあり得ます。

医療機関推移.png

このような課題に着目し、オンライン診療上での医師と患者の会話に対応舌モデルのkanaVoをリリースしました。これにより、モニター越しの患者に集中できる医師は、患者の状態変化等を迅速かつ的確に把握できることなります。

オンライン診療用kanaVoの画面

kanaVoオンライン.png

弊社代表のコメント

弊社は、カルテ入力に悩んでいらっしゃる医療者から、様々な場面でkanaVoを利用したいとの声が寄せられています。今回リリースするオンライン対応モデルも、そのようなお声を受けて制作したものです。

今後も、入院患者さんの体調等を記録する看護師のためのモデル、歯科用のモデルなど様々なモデルのkanaVoをリリースして参ります。

 

​ただし、kanaVoの有効性を高めるためには、現場で鍛えていただく事が必要です。ご協力頂ける医療機関様には、kanaVo推奨のマイクを提供するとともに5時間/月の無料利用枠を設けています。医療者の皆さまにおかれましては、kanaVoの育成に参加して頂けましたら幸甚です。